一般歯科

東名デンタルクリニック式『最小限侵襲虫歯治療』

歯科医院での虫歯治療は「痛い」という印象をお持ちの方はとても多いです。
治療が怖い、痛いから歯科医院には行きたくない。しかし我慢している間も虫歯はどんどん進行し悪化しています。歯科医院で治療を行わない限り、虫歯が治る事はありません。
初期段階で治療を行えば、自分自身の天然歯を失うことは避けられます。
当院では、ダイレクトボンディングとカリソルブを用いた最小限侵襲虫歯治療を行っています。

4つの特長

1.最小限侵襲虫歯治療

1つ目は歯や神経にダメージの少ない削り方です。一般的にはドリルなどで手早く虫歯を除去します。これって結構ダメージが多い削り方だと思っています。
ですので当院では虫歯を軟化させた上でドリルの使用は最小限として虫歯を除去します。そうすることで治療後の痛みはもちろん神経へのダメージを最小限にすることが可能となります。
治療後に痛みがないのは神経へのダメージを最小限にできるからです。
この1つ目のポイントが一番自信があるポイントです。

2.痛みの少ない麻酔

表面麻酔を使用した上で、痛みの少ない場所に丁寧に麻酔をすることで感じる痛みを最小限にできます。当院で通院している患者さんの多くが麻酔を希望しています。

3.拡大視野での治療

もちろん裸眼で虫歯の治療は可能だと思います。
ですが一度拡大視野で治療をすると元には戻れません。裸眼で綺麗に処置できたと思っていても、いざ拡大視野で確認するとまだまだだったりします。
ですので虫歯治療には当然拡大視野での治療が必要だと考えています。

4.ラバーダム防湿

治療する部位以外をラバーダムというゴム膜で覆ってしまい、クランプという金具を装着し、治療部位のみを隔離した状態で治療を行う方法が考案されています。
これがラバーダム防湿法です。再治療や抜歯にならないように、唾液混入による根管内への細菌の汚染を防ぐラバーダム防湿法を行った上で根管治療を行っています。

当院の虫歯治療は保険の治療も扱っていますが
上記の自由診療での虫歯治療をおすすめしています。

虫歯治療の流れ

1.診査

一般的に虫歯が見つかるとまず削る医院が多いかと思います。ですが、虫歯は削らなくても進行を止められるケースもあります。まずは虫歯を削る前に本当に削るべきなのかどうかを診査します。

2.計画

虫歯を削ると決めたらすぐに削るわけにはいきません。可能な限り事前に虫歯大きさ、深さを検査します。レントゲンだけではなく、CTや拡大視野での診査をすることもあります。

3.麻酔

必要に応じて麻酔をします。実は麻酔は施す場所や麻酔薬を入れる速度によって痛みを最小限にすることができます。当然表面麻酔をした後に行いますので、痛みをほとんど感じないかと思います。

4.虫歯を取る

一般的に虫歯を取る時はドリルを用いて取ります。これって実は結構ダメージが多い取り方なんです。ドリルのみで虫歯を除去するとどうしても神経へのダメージが避けられません。そこで当院ではドリルの使用は最小限にして虫歯を取ります。虫歯を柔らかくして、専用の器具で地道にとっていきます。この方法ですと神経のダメージが最小限となりますので、治療後に痛みが出るケースが少なくなります。また削られる感覚がほとんどないため、治療も楽に受けられるのではないかと思います。

5.詰める

虫歯をとった場所は、歯の内部です。つまり体内です。できるだけ感染を起こさないようにラバーダムや専用の器具を使って、唾液などが入らないようにした上で詰めていきます。

費用

10,000円〜30,000円
※当院では保険治療での虫歯治療も取り扱っています。

できるだけ削らない治療

東名デンタルクリニックでは、健康な歯をなるべく削らない治療を心がけています。虫歯の治療は、虫歯になった箇所を削り、その部分に被せ物をするというのが一般的です。
しかし、虫歯を削る際に、健康な歯まで削ってしまうことがあります。当院では、拡大鏡を使用し肉眼の約5倍の大きさで見ながら治療を行うため、細かい治療を受けていただけます。

ダイレクトボンディング

痛みがなく、神経をとらない、ダイレクトボンディング治療

当院では、一般的な虫歯を治療する際に、ダイレクトボンディングという治療をご推奨しています。
ダイレクトボンディングという言葉は、審美歯科の治療法の一種としてご存知の方も多いと思います。
当院では、審美だけではなく、患者様の負担を最小限にして、できるだけ健康な歯を残すという観点から、ダイレクトボンディングを治療方法としてお選びいただくことが可能です。

■ダイレクトボンディングと、従来の治療法の違い

削るべきだと判断された虫歯をとっていく際、従来の方法と大きく違う点は、虫歯だけを慎重にとることです。
従来であればドリルのみで歯を削るため、大きく歯を失います。
また、ドリルの歯を削る音が、患者様に心理的に大きな負担をあたえます。
このダイレクトボンディングという方法では「ドリルを使うのは最小限で」、ほとんどの虫歯は「専用のスプーンのような器具で手作業」でとっていきます。
この作業はまったく痛みを感じません。

■ダイレクトボンディングを利用する5つのメリット

ダイレクトボンディングを利用すると、以下の5つのメリットがあります。

「5つのメリット|ダイレクトボンディング治療法」

「メリット1」: 歯を大部分残す事が出来るので侵襲の少ない処置で完結できます。

「メリット2」: ドリルをほとんど使わないため組織に対してのダメージがありません。

「メリット3」: 結果歯の神経を温存することができます。

「メリット4」: 審美的に美しい仕上がりに出来ます。

「メリット5」: 通院回数が減らせます。

■ダイレクトボンディングの症例

東名デンタルクリニックでは、神経をとる治療は、1ヶ月に1人~2人と極めて少数です。

今回ご紹介した『ダイレクトボンディング」という治療は、今ある治療法の中ではもっとも優れている治療法の1つです。
実際治療を終えた方は、違和感がない仕上がりにとても満足されます。
また、ドリルで歯を削る音や、痛みを感じることが苦手の方でも、ダイレクトボンディングを実施することで、「虫歯をとる際のストレスをほとんど感じることなく」治療をすすめることができます。

患者様によっては麻酔を使いますが、その結果「神経をかなり温存することが出来る」ようになります。
神経を温存することで、年数が経過しても、「自分の歯を高い確率で残していくことが可能」です。
当院では「神経をとる治療は1ヶ月に1~2人くらい」と、極めて少数となっております。

カリソルブ

虫歯の箇所だけを溶かすカリソルブ治療


当院では、カリソルブ治療という特殊な薬剤を使って虫歯の箇所だけを溶かす治療を行っています。溶かされた虫歯を器具を使い取り除きます。薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないため、今までの治療と異なり、健康な部分を削ることなく、虫歯治療が行えます。

■カリソルブを利用する4つのメリット

カリソルブを利用すると、以下の4つのメリットがあります。

「4つのメリット|カリソルブ治療法」

「メリット1」:治療の際に痛みが少ない為、麻酔を使用せずに行える治療です。

「メリット2」:虫歯になっている部分のみを取り除くので、今まで神経を残すことができなかった深い虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。

「メリット3」:歯医者特有の音や振動などによる恐怖感がないので歯科恐怖症の方も安心して静かな治療ができます。

「メリット4」:薬剤で柔らかくなるのは虫歯に侵された部分だけなので、健康な歯を最大限残すことができます。

削らない虫歯治療なら当院までお問い合わせ下さい。

このように、東名デンタルクリニックでは、なるべく天然歯を削らず、削る場合は最小限の範囲のみです。
ご自身の健康な歯を残す為にも、早期段階での虫歯の治療を行い、健康的な口腔内を維持していきましょう。
ダイレクトボンディング・カリソルブを使った低侵襲虫歯治療なら、三軒茶屋の東名デンタルクリニックまでお越しください。