予防歯科

東名デンタルクリニック式予防歯科のススメ!

虫歯や、歯周病治療はもちろん大切ですが、それらを予防する事もとても重要です。
虫歯や歯周病にならなければ、治療を行う必要がないからです。
当院では、予防歯科にも力を入れ、患者さまのお口の健康を守るためのお手伝いをさせて頂きます。

予防歯科を促進し、QOLの向上を目指します

お口の健康を通して患者さまの全身の健康を守るためにも、予防歯科にも力を入れています。
PMTCと呼ばれる専門家による機械を使用した歯の清掃や、高濃度フッ素の塗布などを行っています。そのほかに、日々の生活環境を維持していく方法をご提案しています。また、虫歯の本数、歯周病の進行状況など、患者さまのお口の状態に合わせ、当院では、3ヵ月から半年程度の間隔で定期健診のお知らせを行っています。予防のメリットは様々あります。虫歯や歯周病による痛みを経験せずにすむのはもちろんですが、お口の健康を守る事で、将来の治療費を抑える事もできます。お口の健康を守る事は、日々の生活を快適に送るためにも大切な事です。それは、患者さま自身の「QOL(生活の質)」の向上にも繋がっていくのです。

セルフケアの徹底

当院は強い痛みを伴う患者様以外は、下記のようなステップで治療を開始していきます。
当院で最も大事にしていることが「セルフケア」の徹底です。
「セルフケア」が出来ない状態で治療を行うことは、治療の予後を悪くしてしまいます。出来るだけ確実な治療を行うために、「セルフケア」は徹底しています。

1.検査・説明

問診、各種検査(レントゲン、口腔内写真)を行います。
治療のおおまかな流れを決めます。
*通常いきなり歯を削る歯科医院も多いと思います。当院では虫歯の治療も全て計画を立ててから行うものと考えていますので、いきなり治療することはありません。

2.セルフケア指導

虫歯と歯周病は感染症です。その感染源であるプラークを自身で除去することが「セルフケア」です。方法は人それぞれです。個人個人にあった方法を担当の衛生士とともに考えていきます。

3.口腔内環境の改善

前回の「セルフケア」が確立されると口腔内の環境が劇的に変化します。歯石やプラークを除去していきます。
*歯石は目に見えない歯茎の中にも付着しています。人によっては6回ほどかかることもあれば、1回で終わる方もいます。

4.再評価

口腔内の環境がどの程度改善したかを検査します。
また、治療が必要な方は、治療に必要な検査も合わせて行います。

5.治療計画相談

担当のドクターと治療の相談をします。一つの歯を削る方法でさえ複数の方法があります。
それを一つずつ相談しながら決定していきます。
納得するまで相談してください。

6.治療開始

前回立てた計画に沿って治療を進めます。
*一般的な歯科医院のように「何をされているかわからない」ということはありません。そのために治療計画を立てたわけですから。

7.再評価

全ての治療が終わりました。
再度口腔内の環境をチェックして、今後のメンテナンスの計画を練っていきます。

8.メンテナンス

定期的なメンテナンスをおすすめします。
3ヶ月~6ヶ月を目安に行います。
ここでもセルフケアのチェックと歯石とりなど口腔内環境の維持に努めます。

メンテナンス

当院のメンテナンスは歯石を除去しに来て頂くのではなく、セルフケアの見直しを行う為に来院頂きます。通常、歯科医院でのメンテナンスは3〜6ヶ月おきに来院し、その間に付着した歯石をとりメンテナンスを行います。しかし当院では、日頃からのセルフケアがしっかりと行えているかの確認を行います。

患者さまには歯ブラシを持参頂き、しっかりとしたセルフケアの徹底を教えています。

フッ素塗布

医院で、歯に高濃度のフッ素を塗布します。定期的に、フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい歯を育てることができます。充分な効果を得る為に、年に3回~4回のフッ素塗布を行うのが理想です。

【1】歯質を強化

歯のエナメル質を硬くする事で、虫歯の原因菌が作りだす、酸に負けない強い歯を作ります。

【2】再石灰化作用を助ける

酸で溶けてしまい、虫歯になりかけた部分を元に戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【3】虫歯の原因菌の活動を抑える

虫歯の病原菌の活動をおさえ、歯を溶かす酸が作り出される量を、抑制します。

当院で使用しているフッ素


ビーブランド
継続しやすい液体タイプのフッ化物洗口剤。溶かす手間がいらない液体タイプです。

フルオール・セリー歯科用2%
APFフッ素塗布剤特有の酸味を、爽やかなリンゴの香りでフォローします。

家庭でできる歯磨きのアドバイスも行います

毎日のブラッシングを正しくしっかり行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げられます。
ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取る事は難しいため、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って、しっかりと汚れを除去することが大切です。ご希望の方には、正しいブラッシング方法の指導も行なっています。

定期検診の重要性


上記の画像は、定期的に歯科検診を受診している場合と、予防せずに虫歯になってから治療を繰り返している人との治療費の差を表したものです。定期検診をしっかりと行い、早期処置を行なっている人は、高齢になっても天然歯が残っています。しかし、定期的に検診を受けてい人は、早くに歯を失ってしまいます。その結果入れ歯や、インプラントなど治療費がかかってしまい、生涯治療費が高額になってしまうのです。

予防歯科なら世田谷区の東名デンタルクリニックまで

三軒茶屋の東名デンタルクリニックでは、虫歯治療をはじめ、一般歯科はもちろん予防歯科に非常に力を入れています。
虫歯にならないことが、最大の治療だと考えています。定期検診、ブラッシング指導なら当院へお越し下さい。